• ホーム
  • オリモノの量や生理などで性病に気付く

オリモノの量や生理などで性病に気付く

考えている女性

オリモノとは、生理や妊娠中以外に膣や子宮から出る粘液状の体液のことを指します。
膣に細菌が侵入しないようにバリアを張るという大事な役割を果たしており、普段はサラサラとした無色透明のもので、においはほとんど無いことが多いです。
このオリモノがきつくにおったり、普段より多かったり、黄色や茶色の色がついていた場合は異常な状態にあります。
女性の体は、オリモノの量や生理などで自分の健康状態をチェックできるようになっています。
もしオリモノがチーズのような白い状態のようになったらカンジダ性膣炎という病気の疑いがあります。
ストレスなどで免疫力がおちていると、膣にいるカンジダ菌が以上に増えてしまい炎症を引き起こしてしまいます。
この病気の場合は強いかゆみが特徴で、性交渉でも感染することがあるため早めに性病に気付くことができます。

対して淋菌感染症というものは黄色っぽいオリモノが多くなる程度で感染に気づくことが遅れ、妊娠中のこどもに障害を引き起こしてから気付くこともあります。
生理の場合にも、生理の時期ではないのに出血したり、いつもより量が多すぎたりした場合には子宮の病気の疑いがあります。
普段と違うオリモノや生理に気付いたら、恥ずかしがらずに婦人科を受診して早めに病気を治すことが重要です。

人気記事一覧