• ホーム
  • 口内炎や神経症の治療にも有効なバルトレックス

口内炎や神経症の治療にも有効なバルトレックス

バルトレックスは性器ヘルペスや水ぼうそうなどの治療薬として有名ですが、口内炎や神経症の治療にも使われています。
風邪を引いたときやストレスがたまったときにできやすい口内炎は、大したことはないと思って放置しておくと呼吸困難など危険な症状を招くことがあります。
これはヘルペスウイルスが原因で口内炎が発症したことが理由で、普通の痛いだけの症状とは全く違い、ウイルスが増殖して口の中で水ぶくれやブツブツを作ってしまい、舌や喉の皮膚や粘膜が腫れることで起こる状態です。
バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖に関わるDNAをブロックしてウイルスが増えないようにする薬なので、症状の進行を食い止めたり再発を防止するのに大きな効果を発揮します。

バルトレックスの有効成分は神経内で作用するので、神経症の対策にも有効です。
ヘルペスウイルスは皮膚の表面ではなく神経の中に潜在して増えて行くのが特徴なので、放置していると神経に影響を及ぼして他の重大な病気を引き起こすことになりかねません。
初期のうちにバルトレックスを使えばウイルスが体全体に広がってしまう前に素早く悪化を阻止して健康を取り戻すことができます。
多くの神経症の治療薬のように注射や点滴などの必要がなく、毎日決められた量の錠剤を飲むだけでいいので服用が簡単で、外出先や旅行中でも無理なく飲み続けることができます。

疲れがたまっているときやホルモンバランスの乱れ、体調が崩れたときや季節の変わり目などは特に口内炎や神経症になりやすく、体が弱っているのでヘルペスウイルスが繁殖しやすくなります。
症状が悪化して呼吸困難や激しい痛みなどが出る前にバルトレックスを使って早期回復を心がけましょう。

人気記事一覧