• ホーム
  • 混合性ヘルペスを体験する人とバルトレックスの効き目

混合性ヘルペスを体験する人とバルトレックスの効き目

多くの場合、ヘルペスの症状は単独で発症しますが、中には混合性のヘルペスに見舞われてしまうケースもあるようです。
例えばヘルペス性口内炎と性器ヘルペスを同時に体験する方もいますが、もし混合性の症状が出てしまった時でもバルトレックスで対策することが可能です。

バルトレックスは抗ヘルペスウィルス薬、あるいはDNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれているヘルペス用の薬です。
ヘルペスの症状はウィルスのDNAポリメラーゼが複製されることによって出現しますが、バルトレックスを内服することでウィルスの複製を阻害することができますので、ウィルスの増加を抑えて症状の発生を鎮静させる為に有効性があります。
ヘルペスの症状を出現させる根本原因へアプローチすることができる薬ですので、単独性のヘルペスはもちろん、混合性のヘルペスにも効果を発揮します。
多くの方が効果を体験している効き目の高い治療薬であり、ヘルペス対策として定番の薬と言えるでしょう。

また、バルトレックスは副作用の発症確率が低い為、小児の水ぼうそう治療にも処方されることがあります。
副作用が出ることもありますが、下痢や吐き気などのそれほど重度の副作用ではないことが殆どです。
ただし薬の飲み合わせによっては副作用が出易くなりますし、重度の副作用のリスクもありますので、使用する際には安全性について医師によく確認しておく必要があります。

バルトレックスは完全にヘルペスを治す為の治療薬ではありませんので、再発のリスクも理解しておかなければいけません。
再発を体験された方も沢山いますし、特に性器ヘルペスは再発の確率が低くありませんので、一旦症状が治まった場合でも油断しないように注意が必要と言えます。